緩和ケア診療所・いっぽ

お問い合わせ
027-353-3353
月曜~土曜 8:30~17:30

看護部

院長写真 看護師長 福田 元子(ふくだ もとこ)

ホスピスに出会って27年

病院での看護ケアにジレンマを感じ在宅医療に関わるようになりました。当時は携帯電話もなく、介護保険制度もなく「告知」されてない時代でした。
患者さん自身がインフォームドコンセントを受け、きちんと自己決定でき、ご家族も患者さんの意志を尊重した「尊厳死」を支えるターミナルケアをご家族と一緒に行ってきました。
当時、疼痛に対しての薬剤はモルヒネ錠やモルヒネカクテルくらいしかなかったのですが、痛み苦しむ姿なく家族に囲まれて穏やかに過ごされていました。今より在宅時間が長く濃厚な関わりが持てた印象です。
在宅医療に出会い、患者さん、ご家族から“住み慣れた家で愛する人と何気ない生活ができる事の有り難さ”に気付かされ、癌でなくても 人はいつ亡くなるかわからない・・・。だから、“今を、1日1日を、感謝の気持ちを忘れず生きることの大切さ”と、“看護師の役割”を教えて頂いています。
28年の学びと経験を活かして「患者さん、家族の想いに寄り添い その人らしい暮らしを支えます」。

 

看護部の想い

「いっぽの理念」

  • 「患者、家族の思いに寄り添い その人らしい暮らしを支えます」
  • 看護師9名うち7名の看護師でオンコールを担当し、24時間365日、患者さんとご家族を支えています。

「特徴」

  • 毎日のカンファレンス、及び、週一回の薬剤師も含めたカンファレンスは大切にしています。
    1人1人の患者さん家族について話し合い、皆が共通認識を持ち、その時にしかできないケアを提供しています。
  • 痛みの外来、緩和ケア相談外来を予約制で受け付けております。
    外来ケアでも「痛み」と「心」と「暮らし」を支えます。外来通院が困難になってきた時は、こちらから顔見知りの看護師が患者さん宅に訪問し、 在宅医療開始となり継続したケアができます。

理念をもとに看護師は、元気エネルギーを与えられる人、癒しを与えられる人、マッサージが得意な人、音楽療法ができる人、腹話術ができる人等々、9人の看護師カラーを活かして、それぞれの患者さんに合った色をイメージして、人としての想いやりある心で安心感と緩和看護サービスを提供していきます。緩和医療人としての誇りを持ち地域からも選ばれる看護師チームとなれるように「動因」と「誘因」からモチベーションをアップしてクオリティ高いケアに繋がるような職場環境を皆で創ります。
 
ニュース 一歩 スタッフ日記

 
 所在地 
〒370-0011
群馬県高崎市京目町790
上信バス
上京目下車 徒歩 8分
(前橋駅⇔高崎駅又は
中央前橋駅⇔高崎駅)